2011年05月23日

Fedora15でのnVidiaドライバ

 

私の環境ではFedora15をインストールするだけでnVidiaのグラフィックカードに対してnouveauドライバが適用されました。3D環境にはGalliumが使われることでドライバを入れ直すことなくGNOME3も軽快に動いていたのですが…
残念ながらまだ完璧とはいかないようで、Youtubeの動画が緑色に塗りつぶされて閲覧できないという不具合が出ました。
これを解決するために、リポジトリからnVidiaのドライバパッケージをインストールします。

$yum install akmod-nvidia xorg-x11-drv-nvidia-libs
$sed -i '/root=/s|$| vga=0x318 nouveau.modeset=0|' /boot/grub/grub.conf

※2行目は競合するnouveauドライバを停止させる為にgrub.confを書き換えています。

端末から上記のコマンドを実行したあと最起動したところ、問題なくYoutubeの動画が再生されました。
それにしてもnouveauとの競合は自動的に処理してくれるようにならないものでしょうか…。 

posted by ベニーファンク at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック