2010年12月29日

Virtualboxのディスク容量増加

LinuxメインでPCを運用していても、まだWindowsを使いたくなる場面というのはあるものです。
ちょっと前まではデュアルブート環境を作ったりしていたのですが、最近は全て仮想マシンですませています。

うちで今使っているのはOracleブランドになったVirtualboxです。
LinuxではKVMはXEN、もちろんVMWare等の選択肢もあるのですが、今のところ手軽に環境が作成できてUSBも使い易いVirtualboxにしています。
元々仮想Windows環境を使う理由がプリンタやスキャナ、iPhoneといったハードウェアが使いたい為なのでUSB2.0が簡単に使えないと意味がないというのが理由です。
※もっとも最近は他の環境あまり試してないので、遜色無いのかも知れません。未確認です。

そんなVirtualbox上のWindowsですが、先日システムドライブのディスク空き容量が不足してしまいました。
これまでもディスククリーンアップなどでだましだまし使ってきてはいたのですが、流石にディスク容量そのものを増やさないと難しいようになってしまいました。

そこで、Virtualboxの仮想マシンのディスク容量を増加させる方法をメモしておきます。

手順は以下の通り
1. 新規に増やしたいディスク容量で仮想マシンを作成。
  これはVMマネージャから通常の新規作成手順で作ります。
2. 1.で作成した仮想マシンイメージにディスク容量が不足したイメージをコピー。
  端末で以下のようなコマンドを実行します。

  VBoxManage colonehd hoge.vdi fuga.vdi --existing

  hoge.vdiが元のイメージ、fuga.vdiが新規のイメージです。
  当然二つのファイルが別フォルダにある場合などはそのパスも指定します。

3.新規イメージのメモリ、USBフィルタ等の設定を元のイメージに合わせて設定後起動。
  VMマネージャから設定後、起動します。

4.仮想マシンのパーティションを増えたディスク容量に合わせて拡大。
  仮想マシン上のWindowsでパーティションを拡大します。
  これには様々な方法がありますが、「EASEUS Partition Master」を使いました。

  ここから入手できます。無料です。
  http://www.partition-tool.com/download.htm


以上で、無事再インストール等をすることなく仮想マシン環境のディスク容量を増加できました。



ラベル:Linux virtualbox
posted by ベニーファンク at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック